忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/08/18 06:33 】
CATEGORY [ ] 
pagetop ∴
EUPHORIA ESSENCE EAU DE PARFUM SPRAY 30ml


1968年に立ち上げられた、ニューヨーク・ファッション・シーンのトップ・アイコンの一角「カルバン・クライン」。一貫して都会的なミニマル・モードを追求していて、創始者のカルバンが引退したのちも、才人フランシスコ・コスタが十年以上クリエイティブ・ディレクターをつとめて、伝統的なミニマルにモダンなエッセンスを効かせた、最高のコレクションを披露しております。

こちらはそんなカルバン・クラインのフレグランス・ラインから、2015年に発売されたレディス香水です。オリジナルは、2005年に発売されたスーパーヒットを記録した「ユーフォリア」で、今回の作品はそのニュー・ファミリーとなっております。同時発売された、メンズ香水の「ユーフォリア・エッセンス・メン」とのカップリング香水となっておりますので、ぜひペアでどうぞ。香りは、あかぬけた印象のフルーティー・フローラルの香調がベース。ポップな感覚と濃密なフェミニンを溶け合わせた、魅惑的な一品にしあげられております。

ラズベリー、ピンクペッパー、ブラックベリーなどが、キュートでおしゃれなベリーズ・フルーティー・カクテルを香り立たせるトップから、 オーキッド、リリー・オブ・ザ・ヴァレイ(スズラン)、ジャスミンなどが、パウダリーでアメイジングなフローラル・ノートを浮かび上がらせるミドルへ。
ラストはパチョリ、カシミア・ウッド、ホワイト・チョコレートなどが、ミルキーでたおやかなスウィートを広げて、ドラマチックなセンシュアル・クオリティーを引き立ててくれそうです。

調香は、エスティ・ローダーの「ピュア・ホワイト・リネン」やロエヴェの「アイレ・ロコ」などを手がけているイヴ・カサールと、バーバリーの「ロンドン」やテイラー・スウィフトの「ワンダーストラック・エンチャンテッド」などを手がけているジャン=マルク・シャイランの合作。プロデュースは、クロエやマーク・ジェイコブスなど数多くの香水ラインをかかえている、大手の「COTY」です。ベリー系のフルーツがチャーミングで、オリジナルのフローラル・オリエンタルとはガラッとカラーがちがうアイテムです。

なめらかなボトルもアイキャッチャーですね。

PR
【2016/01/19 17:55 】
CATEGORY [ ユーフォリア ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
ENDLESS EUPHORIA EAU DE PARFUM SPRAY 75ml


ニューヨーク・モードの最先端にして、世界のファッション・シーンのトップ・アイコンの一角に君臨する、偉大なるメゾン「カルバン・クライン」。1970年代から80年代に創始者カルバンが作り上げたミニマル・モードを継承し、さらに高次元の芸術を突き詰めた、現クリエイティブ・ディレクターのフランシスコ・コスタは、現代モードに名を残すカリスマとして、不動の地位を築いております。

こちらはそんなファッション・ハウスのフレグランス・ラインから、2014年に発売されたレディス香水です。オリジナルは2005年に発売されて世界的に大ヒットした「ユーフォリア」で、今回はその数多くあるアレンジ・エディションのニュー・ファミリーとなっております。香りはふんわりとラブリーで優雅なフルーティー・フローラルの香調がベース。若々しくあつかいやすい香りながら、さりげなくエレガンスをかもし出してくれる、バランスの良いアイテムに仕上げられております。

マンダリン、ベルガモット、チェリー・ブロッサムなどが、シアーでダイナミックなシトラス・フローラルを香り立たせるトップから、 パステル・ローズ、ヴァイオレット、セリンガ・フラワーなどが、エアリーでアメイジングなフローラル・ブーケを浮かび上がらせるミドルへ。
ラストはバンブー、サンダルウッド、ムスクなどが、ナチュラルでクリアなスウィートを香らせて、いやみのないセンシュアリティーをアピールしてくれそうです。

調香は、同じカルバン・クラインの「CK・IN2U」コレクションや、ジル・サンダーの「ジル」、パコ・ラバンヌの「レディ・ミリオン」などを手がけているブルーノ・ヨヴァノビッチ。プロデュースは、クロエ、ジョーバン、サラ・ジェシカ・パーカーなどの香水ラインもかかえている「COTY」です。明るくてリリカルなフローラルの香気が魅力的で、春めいた印象ですが、デイタイムであれば春以外のシーズンでもお使いいただけるでしょう。プライヴェートなシーンであれば、使い勝手はとても良いと思います。

ボトルやボックスもフェミニンなカラー・デザインが目を惹きますね。ボトルのフォルムがとてもユニークです。

【2015/03/23 03:01 】
CATEGORY [ ユーフォリア ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
| HOME |

忍者ブログ [PR]