忍者ブログ

REVEAL MEN EAU DE TOILETTE SPRAY 30ml


アメリカン・ファッション・シーンのアイコンのひとつ「カルバン・クライン」。70年代から続く老舗のメゾンで、アメリカン・トラッドにのっとったシンプルでミニマルなデザインが一貫したスタンスです。創始者のカルバンのデザイン哲学を現代的に昇華させた、現在のディテクター、フランシスコ・コスタは、シーン随一のタレントとして長く認められております。

こちらはそんなカルバン・クラインのフレグランス・ラインから、2015年に発売されたメンズ香水です。2014年に発売された大ヒットしたレディス香水「リヴィール」とのペア香水ですので、ぜひカップルでどうぞ。ネーミングは、「あらわにする」、「さらけだす」というような意味で、香りは、コンテンポラリーでハイファッションなアロマティック・ノートの香調がベース。ユーモアとインテリジェンスを感じさせる、ハイスペックなマスキュリン・アイテムにしあがっております。

ジンジャー、マスチック、ペア(洋ナシ)、キワノ(アフリカのメロン)、ブランディー・アコードなどが、メロウでテイスティなフルティー・アロマを香り立たせるトップから、
スウェード、クラリセージ、アガブ・ネクター(リュウゼツラン)、ソルト・アコードなどが、シックでハイ・アーティスティックなアロマ香をかなでるミドルへ。
ラストはトンカビーンズ、ベチバー、ハイチ・オルプール、ゴールデン・アンバーなどが、マイルドなスウィートで全体をドライダウンさせて、優雅なセンシュアリティーを引き立ててくれそうです。

調香は、アックスの諸作品やキャロライナ・ヘレラの「212メン」などを手がけているアン・ゴットリーブと、エド・ハーディーの「スカル&ローゼス・フォーメン」やブルックス・ブラザーズの「レッドコロン」などで知られるマリピエール・ジュリアン、さらにエルメネジルドの「Z・ゼニア」やジャック・ファスの「ファス・プールオム」などで有名なオリヴィエ・ギロチンと、カルバン・クラインの「シーケー・フリー」やジョン・バルベイトスの「アルチザン」などで知られるロドリゴ・フローレス=ルーの4人の合作。プロデュースはCOTYです。

ボトルやボックスも、CKラインらしいアーティスティックなデザインです。
PR
【2017/04/01 17:05 】
CATEGORY [ リヴィール ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
REVEAL EAU DE PARFUM SPRAY 30ml


カルバン・リチャード・クラインが1968年に立ち上げたファッション・ハウス「カルバン・クライン」。一貫してミニマルなモードを追求し、ラルフ・ローレンやペリー・エリス、ダナ・キャランなどと共に、ニューヨーク・モードの黄金期を築き上げました。カルバンの引退後は、そのデザイン・フィロソフィーを受け継いだ天才フランシスコ・コスタが、10年以上レディス部門のディレクターをつとめております。

こちらはそんなカルバン・クラインのフレグランス・ラインから、2014年に発売されたレディス香水です。「あらわにする」、「さらけだす」というようなネーミングの作品で、人気モデルのドウツェン・クロースを広告モデルに起用したことも話題になりました。香りは絶妙なエッジを効かせたフローラル・ウッディー・ムスキーの香調がベース。現代的にとぎすまされたフェミニンを感じさせる、このブランドにふさわしい秀作にしあがっております。

ソルト・アコード、ブラックペッパー、ピンクペッパー、ホワイト・ペッパーなどが、スタイリッシュなスパイシー・ノートをソフトに香らせるトップから、 イリス、アンバーグリス、ソーラーアコードなどが、パウダリーでエレガントなフローラル・スウィートを広げるミドルへ。
ラストはサンダルウッド、ムスク、カシュメランなどが、グラマラスで落ち着いたスウィートをただよわせて、気品豊かなセンシュアリティーをアピールしてくれそうです。

調香は、バーバリーの「ロンドン」やダナ・キャランの「DKNY・デリシャス・ナイト」などを手がけたジャン=マルク・シャイランと、このラインの「エンドレス・ユーフォリア」や、ビヨンセの「パルス」などで知られるブルーノ・ヨヴァノビッチの合作。プロデュースは「COTY」です。イリス&ウッディーをメインに、ソルトやスパイスがモダンなアクセントを効かせていて、ソフィスティケーションと強い個性をあわせもつ、ハイブリッドな作品だと思います。2005年の「ユーフォリア」以来の逸品といっていいかもしれません。

ボトルやボックスもエクセレントなデザイン。ミニマルなたたずまいのボトルがナイスです。

【2015/06/02 02:29 】
CATEGORY [ リヴィール ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
| HOME |

忍者ブログ [PR]