忍者ブログ

PR
【2017/05/10 02:51 】
CATEGORY [ エタニティ ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
ETERNITY NOW FOR MEN EAU DE TOILETTE SPRAY 100ml


日本でも高い知名度を誇っている、アメリカのファッション・ブランド「カルバン・クライン」。ニューヨーク・シーンのミニマル・モードのトップ・アイコンで、研ぎ澄まされたシンプルなウェアは、アーティスティックな領域にまで及んでおります。フランシスコ・コスタが率いる本家のレディス・ラインが有名ですが、セカンド・ラインの「CK」も人気があります。

こちらは、そんなカルバン・クラインのフレグランス・ラインから、2015年に発売されたメンズ香水です。オリジナルは、1990年に発売された「エタニティ・フォーメン」で、今回の作品は、そのアレンジ・エディションとなっております。同時に発売されたレディスの「エタニティ・ナウ」とのカップリング香水となっておりますので、ぜひペアでどうぞ。香りは、エキゾチックでアヴァンギャルドなオリエンタル・フゼアの香調がベース。コンテンポラリーなブレンドで、現代的なハイ・ファッションを想起させるようなアイテムにしあがっております。

ビター・ジンジャー、ココナッツ・ウォーター、スターアニスなどが、マイルドでモダンなスウィートを香り立たせるトップから、
スターフルーツ、シダーウッド、パチョリなどが、シェイプされたフルーティー・ウッディーをただよわせるミドルへ。
ラストはモロッコ産シダーウッド、トンカビーンズ、マダガスカル産バニラなどが、芳醇でメロウなスウィートを香らせて、それまでのトーンをゆったりとドライダウンさせ、セクシーであたたかみのあるセダクションをアピールしてくれそうです。

調香は、老舗の香料会社のIFF。プロデュースは、バレンシアガやデビッド・ベッカム、ジル・サンダーなどの香水ラインもかかえている「COTY」です。ココナッツ、スター・アニス、スター・フルーツなど、アーヴァンなマテリアルが効いていて、ミドル以降のウッディーなトーンともナチュラルに溶け合う印象です。比較的デイタイムにマッチするかもしれません。全体的にユニークな香りですので、香水通にも好まれるのではないかと思われます。

ボトルやボックスも、シンプルで飽きの来ないグッド・デザイン。底の厚いガラスのボトルがクラッシーですね。
【2017/03/30 01:36 】
CATEGORY [ エタニティ ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
ETERNITY PURPLE ORCHID EAU DE PARFUM SPRAY 100ml


アメリカを代表するファッション・メゾンのひとつとして、長い歴史を誇っている「カルバン・クライン」。1968年に立ち上げられ、翌年には「ミニマリズムの俊英」と称され、ニューヨーク・モードに新しい機軸を打ち立てました。創始者カルバンの時代を大元とするならば、2004年から現在まで続く、フランシスコ・コスタのディレクション時代は、それに遜色のないプレゼンスを見せつけております。

こちらはそんなカルバン・クラインのフレグランス・ラインから、2003年に発売されたレディス香水です。オリジナルは、1988年に発売されて世界的に大ヒットしたエバーグリーンの「エタニティ」で、今回はそのアレンジ・エディションとなっております。たいへんレアなアイテムですので、お求めはお早めに。香りは、ふんわりとファンシーでグラマラスなフローラル・ウッディー・ムスキーの香調がベース。やわらかくてしなやかなフェミニンを写し取った、ウェルメイドなアイテムにしあげられております。

フルーティー・ノート、フローラル・ノート、グリーン・ノート、ウォーターリリーなどが、トランスペアレントであかぬけたフルーティー・フローラルを香り立たせるトップから、
プラム、フリージア、ホワイト・ピーチ、ヘリオトロープ、オーキッドなどが、マイルドでラグジュアリーなフローラル・フルーティーを浮かび上がらせるミドルへ。
ラストはウッディー・アコード、アーモンド、ムスクなどが、若々しくてエレガントなスウィートを香らせて、モダンでセダクティブなセンシュアリティーをアピールしてくれそうです。

調香は、バナナ・リパブリックの「ローズウッド」やディーゼルの「ラヴァードゥース・タトゥー」などを手がけているパスカル・ガウリンと、ブルガリの「ブルガリ・プールフェム」やエリザベス・アーデンの「トゥルー・ラブ」などでおなじみのソフィア・グロスマンの合作。プロデュースは、クロエやダビドフ、ハル・ベリーなどの香水ラインもかかえている、大手の「COTY」です。ベーシックなフローラル・ウッディー・ムスキーで、パウダリーなフローラルの香気が印象に残るようです。

ボトルもアイキャッチャーなデザインですね。
【2017/03/26 18:27 】
CATEGORY [ エタニティ ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
【2015/05/27 00:45 】
CATEGORY [ エタニティ ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
ETERNITY MOMENT EAU DE PARFUM SPRAY 50ml


香水史に燦然とその名を残す名香「ETERNITY」。香りを変え様々なヴァージョンを送り出し続けているエタニティ・シリーズに、2004年10月、新たな顔が登場いたしました。その名も現在の(MOMENT)ETERNITY。

ルミナス・フローラル・ムスキーの香りが織り成すカシミアのように上質で高貴な優しさは、まさにモダン・ビューティーの真骨頂。非常に完成された見事な香りです。ポーメグラネイト(ザクロ)フラワー、ライチ、グァバなどが独特のフレッシュさを立ち表すトップから、チャイニーズ・ピンクピオニーやパッションフラワーが他にはない透明感のあるフローラル香を広げるミドルへ。ラストはローズウッド、ムスク、ラズベリーなどが繊細で甘やかな暖かみを湛え、女性らしい肌理の細やかな抱擁感を演出いたします。

シリーズの中では、オリジナルに匹敵する完成度の香水と言えるでしょう。まさに今作でしか成し得ないオリジナリティ溢れたモダンな魅力が確かに存在いたします。今年イチオシ香水の一つです。

【2013/12/31 03:13 】
CATEGORY [ エタニティ ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
ETERNITY FOR MEN EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


1980年末に颯爽と登場し、雄雄しいだけのそれまでの男性像を覆すイメージを創出した歴史的傑作。
逞しいだけではない、優しさや繊細さを兼ね備えた男性を演出します。

『永遠』という名を冠する通り、香り自体はナチュラル。ハーブ、花々、フルーツをバランスよく配合し、最後にウッドが香り立つ、スウィーティーアンドスパイシー。 クラシックなのに新しい、不思議な力をもつ香水です。

トップはベルガモット、レモン、ラベンダーなど。ミドルはローズ、コリアンダー、オレンジブロッサムなど。
ラストはサンダル、シダーウッド、ムスク、アンバーなど。

スタイリッシュで男らしい、そんな現代の理想の男性を表現しますが、女性の愛用者も多い香水。

【2013/11/05 18:37 】
CATEGORY [ エタニティ ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
ETERNITY SUMMER EAU DE PARFUM SPRAY 100ml


一時期の苦境を乗り越え、再びニューヨーク・モードの頂点に君臨している「カルバン・クライン」。現在世界最高峰のプレゼンスを発揮しているフランシスコ・コスタに負けじと、こちらも溢れる才能をフルに発揮しているイタロ・ズッケーリの2011年春夏メンズ・コレクションが開催され、ミニマルなモードはレディス・ラインと同様に、しかしズッケーリらしい色彩感覚で、コスタとは異なるCK像を提案しております。

こちらはそんなおなじみのブランドのフレグランス・ラインから、2010年に発売されたレディス香水です。ラインを代表するレディス香水「エタニティ」の、毎年恒例となっているサマー・リミテッド・エディションのひとつです。アクアティック・フローラルの美しくもシャープな香調をベースにしていて、ゴージャスな気品とエアリー・チャーミングのバランスがよく取れた、アーヴァンなフェミニティを表現したアイテムに仕上がっております。

グレープフルーツやジンジャーなどが、ヴィヴィッドでエキゾチックなシトラス・ビター・スウィートを香り立たせるトップから、 パッション・フラワー、ピオニー、フリージア、リリー・オブ・ザ・ヴァレイなどが、壮麗でダイナミックなホワイティー・フローラル・ガーデンを広げるミドルへ。
ラストはクリーミー・ムスク、ホワイトアンバー、ドリフト・ウッドなどが、メロウで凛々しい感覚のスタイリッシュ・スウィートを漂わせ、グラマラスであると同時に力強い精神性をアピールしてくれそうです。

プロデュースは、バレンシアガやクロエ、ショパール、ダビドフといった一流ブランドの香水ラインを数多く抱えている、シーン屈指のプロダクション・カンパニー「COTY PRESTIGE」。都会的で凛とした女性らしさ、しなやかなセンシュアリティー、活力といった様々なセダクションをさらりと漂わせてくれる、とても使い勝手のよい香りなのではないかと思います。

フローラルの香りがハイ・トーンですので、デイタイムのプライベート・シーンにいかがでしょうか。サマーシーズンだけではなく、オールシーズンでお使いいただけると思います。ボトルもシンプルな好デザインです。

【2013/10/03 03:06 】
CATEGORY [ エタニティ ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
ETERNITY FOR MEN AQUA EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


「ジバンシィ」のリカルド・ティッシや「バーバリー・プローサム」のクリストファー・ベイリーと共に、現在のファッション・モードをリードしているフランシスコ・コスタ=カルバンクライン。2010/11年秋冬コレクションでも、真骨頂のミニマル・アプローチにいっそうの磨きがかかっていて、ファッションの未来像を現実に先取りしているような、圧倒的な空間を展開しておりました。

こちらはそんな輝ける人気ブランドのフレグランス・ラインから、2010年に発売されたメンズ香水です。1989年に発売されたオリジナルの「エタニティー・フォーメン」のニュー・アレンジ・ヴァージョンとなっております。アクアというネーミングのとおり、透明感あふれるアクアティック・ウッディーの香調をベースにしていて、単なる爽快感だけではなく、コンテンポラリーなエレガント&リファインメントを感じさせる、ハイセンスなアイテムに仕上げられております。

チルド・キューカンバーやシトラス・ノートなどが、くっきりとクールでヴィヴィッドなグリーン・シトラスを香り立たせるトップから、 ウォーター・ロータス、グリーン・リーブス、シセン・ペッパー、ミラベル、ラベンダーなどが、フレッシュでありながらインテリジェンスを感じさせるエキゾチック・アクア・ノートを浮かび上がらせるミドルへ。 ラストはホワイト・シダーウッド、サンダルウッド、ガイアック・ウッド、パチョリ、ムスクなどが、奥深いウッディー・スウィートで身体を包み込み、包容力と力強さを感じさせる、極上のマスキュリン・センシュアリティーをアピールしてくれそうです。

プロデュースは、ダビドフ、ラガーフェルド、ヴィヴィアン・ウェストウッドなどの香水ラインも手掛けている「COTY PRESTIGE」。トップのチルド・キューカンバーとは、凍らせたキュウリのことです。ミドルのミラベルは、フランス原産のプラムの一種です。かなり粋なブレンドで、香水通に好まれる香りなのではないかと思います。

ありきたりなクリア・フレッシュ系に飽きた方におススメいたします。スーツスタイルにこの香りがマッチすれば文句なくファッショナブルです。

【2013/05/13 03:02 】
CATEGORY [ エタニティ ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
ETERNITY AQUA EAU DE PARFUM SPRAY 30ml


悠々とした女性らしさをあなたに

恋をしている時、大切な家族と一緒にいる時、いつの間にか、やさしい気持ちに包まれているはず。 エタニティ アクアは、そんな悠々とした女性に贈る、セクシーで清涼感のあるウォータリーフローラルなフレグランスです。

香調 : ウォータリー フローラル ブーケ ジューシーなリンゴ、アプリコット、フレッシュなキュウリの香りでスタート。 ミドルは、「エタニティ」の伝統でもある白いブーケが香り、ラストではウッドやムスクが温もりのあるセンシュアリティへと誘います。

トップ : ホワイトピオニー、ピンクレディーアップル、キューカンバーウォーター、ジューシーアプリコットパルプ ミドル : ティアレ、マグノリア、ガーデニア、ジャスミン ラスト : サンドレンチェドウッド、シダーウッド、トランスペアレントムスク

【2013/02/24 03:06 】
CATEGORY [ エタニティ ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
ETERNITY EAU DE PARFUM SPRAY 50ml


1970年代?80年代のアメリカン・ファッションをリードし続けた、NYモードの一大アパレル・ブランド「CALVIN KLEIN」。さらりと着られる洗練されたシルエットのプレタポルテは、特にハイ・ソサイエティなキャリア・ウーマンの間で支持され、ウェアのみならず時計、香水、下着、コスメティックと様々な分野に進出いたしました。同時代的に日本でも浸透いたしましたが、本家ラインはセカンド「cK」の波に飲まれた感があります。さてこちらは、「CK ONE」と並ぶCKフレグランス・ラインの代表作にして、香水史上に名を残す名香と謳われているレディス香水です。

フローラル・ノートのエタニティな傑作として名高い本作は、シンプルなマテリアルをパーフェクトなブレンドで溶け合わせ、いつの時代でも愛される完成された逸品として、1988年の発売以降、その人気はいささかも衰えることはありません。マンダリン、フリージア、セージなどが凛とした佇まいのフレッシュな香りを漂わせるトップから、マリーゴールド、ナルシス、ミュゲ、ホワイトリリーなどが選び抜かれたエッセンスによるソフトなフェミニン・ブーケを匂い咲かせるミドルへ。ラストはサンダルウッド、パチョリ、アンバーなどが、浮かび上がるフローラルに嫌味の無いクリアなスウィートを重ね合わせ、清らかでタイムレスなビューティー・センシュアリティーを湛えます。エスティ・ローダー「ビューティフル」やブルガリ「ブルガリ・プール・フェム」などを手掛ける、世界トップ・パフューマーの一人であるソフィア・グロスマンの代表作にも上げられます。クラシカルでありながらコンテンポラリーな趣きで、春めいたジョイフルな香りは、シンプルな美しさでもって他の追随を許しません。どのようなウェアにも合わせてお使いいただけますが、やはり温かみのある春のデイタイムに、パンツ・ルックにマッチさせるのがベストなのではないでしょうか。

一本ストックしておくと何かと使える、その勝手の良さも人気のポイントの一つです。また、ピエール・ディナンの描き出すボトルも、香りのイノセントな洗練を表す秀作として知られております。

【2013/02/09 02:36 】
CATEGORY [ エタニティ ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
| HOME |

忍者ブログ [PR]