忍者ブログ

ETERNITY PURPLE ORCHID EAU DE PARFUM SPRAY 100ml


アメリカを代表するファッション・メゾンのひとつとして、長い歴史を誇っている「カルバン・クライン」。1968年に立ち上げられ、翌年には「ミニマリズムの俊英」と称され、ニューヨーク・モードに新しい機軸を打ち立てました。創始者カルバンの時代を大元とするならば、2004年から現在まで続く、フランシスコ・コスタのディレクション時代は、それに遜色のないプレゼンスを見せつけております。

こちらはそんなカルバン・クラインのフレグランス・ラインから、2003年に発売されたレディス香水です。オリジナルは、1988年に発売されて世界的に大ヒットしたエバーグリーンの「エタニティ」で、今回はそのアレンジ・エディションとなっております。たいへんレアなアイテムですので、お求めはお早めに。香りは、ふんわりとファンシーでグラマラスなフローラル・ウッディー・ムスキーの香調がベース。やわらかくてしなやかなフェミニンを写し取った、ウェルメイドなアイテムにしあげられております。

フルーティー・ノート、フローラル・ノート、グリーン・ノート、ウォーターリリーなどが、トランスペアレントであかぬけたフルーティー・フローラルを香り立たせるトップから、
プラム、フリージア、ホワイト・ピーチ、ヘリオトロープ、オーキッドなどが、マイルドでラグジュアリーなフローラル・フルーティーを浮かび上がらせるミドルへ。
ラストはウッディー・アコード、アーモンド、ムスクなどが、若々しくてエレガントなスウィートを香らせて、モダンでセダクティブなセンシュアリティーをアピールしてくれそうです。

調香は、バナナ・リパブリックの「ローズウッド」やディーゼルの「ラヴァードゥース・タトゥー」などを手がけているパスカル・ガウリンと、ブルガリの「ブルガリ・プールフェム」やエリザベス・アーデンの「トゥルー・ラブ」などでおなじみのソフィア・グロスマンの合作。プロデュースは、クロエやダビドフ、ハル・ベリーなどの香水ラインもかかえている、大手の「COTY」です。ベーシックなフローラル・ウッディー・ムスキーで、パウダリーなフローラルの香気が印象に残るようです。

ボトルもアイキャッチャーなデザインですね。
PR
【2017/03/26 18:27 】
CATEGORY [ エタニティ ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
<<カルバンクライン エタニティ ナウ フォーメン EDT・SP 100ml | HOME | カルバンクライン ユーフォリア エッセンス EDP・SP 30ml>>
コメント
コメント投稿














FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]