忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/22 00:57 】
CATEGORY [ ] 
pagetop ∴
OBSESSION SUMMER EAU DE PARFUM SPRAY 100ml


アメリカン・ファッション・シーンのメガ・カンパニーで、世界的なステイタスを確立している「カルバン・クライン」。1968年に立ち上げられ、翌年にはもうニューヨーク・モードの寵児として、一躍名を馳せておりました。「ミニマリズムの俊英」とうたわれた、創始者カルバンのデザイン・フィロソフィーは、現在でもしっかりと受け継がれております。

こちらは、そんなカルバン・クラインのフレグランス・ラインから、2016年に発売されたレディス香水です。オリジナルは、1985年に発売されたクラシック香水「オブセッション」で、今回はそのサマー・エディションとなっております。同時に発売された、メンズ香水の「オブセッション・フォーメン・サマー」とのカップリング香水となっておりますので、ぜひペアでどうぞ。ちなみに2002年の「オブセッション・シアー」と名前が似ておりますので、お気をつけくださいませ。

「オブセッション」=「妄想」あるいは「執念」というユニークなネーミングの作品で、香りはシンプルでベーシックなシトラス・フローラル・ウッディーの香調がベース。さりげないエレガンスやフェミニンを感じさせる、夏らしいアイテムにしあげられております。
ベルガモットなどのシトラスが、すっきりとした清潔感のあるシトラス・フレッシュを香り立たせるトップから、
フローラル・ノートがふんわりとエアリーな香りをただよわせるミドルへ。
ラストはホワイト・パチョリ、ホワイト・ムスク、プレシャス・ウッド、シダーウッドなどが、やわらかくてほがらかなウッディー・ムスキーのスウィートを香らせて、いやみのないスマートなセンシュアリティーをアピールしてくれそうです。

プロデュースは、ショパールやクロエ、セルッティなどの香水ラインもかかえている、大手の「COTY」です。とてもなごやかであつかいやすい香りという印象で、クセがないので万人受けすると思います。サマーシーズンはもちろんのこと、デイタイムであればほかのシーズンでもマッチするでしょう。ひとつあると便利な、ユースフル・アイテムです。ボトルやボックスも、クールでエクセレントなデザインですね。
PR
【2017/04/16 02:53 】
CATEGORY [ オブセッション ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
OBSESSION NIGHT FOR MEN EAU DE TOILETTE SPRAY 125ml


1968年に立ち上げられたプレタポルテ・ブランド「CALVIN KLEIN」。そのシャープなフォルムと機能性から成る洗練されたウェアには、カッティングにこだわるカルバン・クラインのフィロソフィーが見事に反映され、キャリア・ウーマンを中心に絶大な支持を勝ち得ました。現在はクラインは引退しておりますが、ウェア、下着、時計、香水と幅広いラインをPVK傘下で世界的に展開し続けております。

こちらは豊富でハイクオリティーなアイテムがひしめくフレグランス・ラインから2005年に発売されたメンズ香水です。1986年にレディスとのカップリングで発売された「オブセッション・メン」のナイト・ヴァージョンで、前作の爽快なシプレーウッディーとは一味違った、エキゾチックなオリエンタル・ウッディーの香調でもって、スモーキーでフリーキーな夜のあなたのOBSESSION(妄想)によりいっそうのミステリアスな情感を帯びさせてくれそうです。ペアー、マンダリン、クリスプ・ウォータリー・ノートなどが柔らかくスッキリとした香りを浮かばせるトップから、ナツメグ、カルダモン、トスカーナ産ブラック・スウェードなどがワイルドで精悍なアクティビティーを香り立たせるミドルへ。ラストはバニラ、ベチバー、パチョリ、リッチ・ウォーム・ウッドなどがインセンスのようなアロマティカルで深みのあるマスキュリン・スウィートで身体を包み込み、夜遊び上手のあなたの魅力にブラックな拍車をかけてくれそうです。

プロダクトは「ヨープ!」の香水などを手掛ける、名門COTY社の傘下にある「ランカスター・グループ」。簡単に言えば、「ちょいワル」な感じでしょうか。ジャケットやスーツ・スタイルなどをやや崩して着るような佇まいです。イブニング以降のちょっとくだけたパーティー・シーンなどで、あなたの小粋なダンディズムを演出できるのではないでしょうか。ボトルもアダルトです。

【2015/07/17 03:19 】
CATEGORY [ オブセッション ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
SECRET OBSESSION EAU DE PARFUM SPRAY 50ml


イタロ・ズッケーリ&フランシクコ・コスタのコンビで、もはや不動のスタイルを築き上げている、NYモードの最高峰「CALVIN KLEIN」。1968年に立ち上げられ、30周年を迎えた2008年シーズンは、レディス、メンズともにバツグンのコレクションで、CKステイタスここにありを見事に示しました。2009年には、ジーンズ・ラインの大々的なキャンペーンで話題を呼んでおります。

こちらはそんなメガ・ブランドのフレグランス・ラインから、2008年に発売されたレディス香水です。1986年に発売され、CKフレグランスの中でもロングセラーとして知られている秀作「オブセッション」のニューエディションとして発表されたこの作品は、「秘めた妄想」というようなミステリアスでホットなネーミングに見合ったような、ゴージャスなフローラル・スウィートの香調をベースにしており、選び抜かれたマテリアルをしっかりとブレンドした、大人のリッチ・フェミニンを演出するアイテムに仕上げられております。

プラム、ナツメグ(メイス)、ダマスク・ローズ(ローズ・ド・ダマス)などが、ラグジュアリーでセクシーなエキゾチック・ロージー・スウィートを香り立たせるトップから、 ジャスミン、オレンジ・ブロッサム、チュベローズなどが、豊かな品性とディープな感性を感じさせるシークレット・フローラル・ワールドを描き出すミドルへ。
ラストはカシミア・ウッド、アンバー、サンダルウッド、バニラなどが、メロウでロマンティックなスウィートを漂わせ、肉感的でしなやかなセンシュアリティーをアピールしてくれそうです。

調香は、クリスチャン・ディオールの「ジャドール」や、エスティ・ローダーの「ビヨンド・パラダイス」、トミー・ヒルフィガーの「トミー・ガール」などの秀作を世に送り出している、クエスト社のカリス・ベッカー。30周年の節目に発売するだけあって、オリジナルに負けず劣らず、とても完成度の高い秀作となっております。モダン・ラグジュアリーのお手本のような香りと言って良いでしょう。それなりにウェアを問う香りですので、それだけ品を際立たせてくれるとも言えそうです。

【2014/10/23 01:30 】
CATEGORY [ オブセッション ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
OBSESSION FOR MEN EAU DE TOILETTE SPRAY 75ml


カルバン・クライン中期の傑作。1987年のFIFI賞のメンズ・フレグランス部門を受賞しています。シプレー・ウッディの個性的な調香で、モダンな佇まいが芬々とした、鋭く主張する香りです。

トップはマンダリン、ベルガモット、レモンなどの、活力に満ちたシトラス・ノート。ミドルはラベンダーやセージなどのグリーン香と、ミルラ、コリアンダー、クローブ、ナツメグなどのスパイスの混合。ラストはアンバー、ベチバー、サンダルウッド、ムスクなどの豊かなウッディ・スイートが広がり、大変に男らしい、文字通り強く迫る(OBSESSION)ようなエッジの効いた香りを表出。オフィス・シーンにも似合うでしょうし、アフター・タイムでも重宝されそう。マスキュリンを演出するマスト・アイテムです。

【2014/05/23 03:03 】
CATEGORY [ オブセッション ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
OBSESSION NIGHT EAU DE PARFUM SPRAY 100ml


かつてニューヨークのプレタポルテ・シーンにおいて一時代を築いたメガ・ブランド「CALVIN KLEIN」。NYソフィスティケーションを突き詰めたシンプルで機能的なカジュアル・ウェアは、本国だけではなく世界中のオフィス・ウーマンたちに愛用されました。時代の波に飲まれ、2002年にはブランドを売却、そして翌年にはクライン引退と相成りましたが、そのネームバリューはもはや不動のものとなっております。

こちらは香水トレンドを担うCKフレグランス・ラインから2005年度に発売されたレディス香水です。1986年に発売されたロングセラー「オブセッション」のナイト・ヴァージョンで、前作のエレガンスを引き継ぎながらも、なおゴージャスなオリエンタル・ウッディーの香調にアレンジしており、ベーシックなラグジュアリー・ノートの色香でもって、夜のOBSESSION(妄想)を彩ります。ベルガモット、マンダリン、ビターオレンジなどが温かみのある柑橘の甘さを引き立てているトップから、ローズ、ジャスミン、ガーデニア、ミュゲなどがタイムレスなナイト・ブーケを飾るミドルへ。ラストはバニラ、トンカビーンズ、サンダルウッド、カシミアウッド、ムスク、アンバーなどが目くるめくオブセッション・スウィートを浮かび上がらせ、貴女のミステリアスなセンシュアリティーを滲み出させてくれそうです。

プロデュースは「ダビドフ」「ジル・サンダー」「ジェニファーロペス」などの香水を手掛ける、名門コティ傘下の「ランカスター・グループ」。イブニング以降のムーディーなひとときを演出するには、とてもオーソドックスで使いやすい香りなのではないでしょうか。シックでドレッシーなウェアに合わせて、上品且つ官能的なウーマンリーを漂わせてみてはいかがでしょうか。ピエール・ディナンのデザインした前作のボトルが、ダークブルーのカラーリングで香りを後押ししております。

【2014/04/03 02:57 】
CATEGORY [ オブセッション ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
OBSESSION EAU DE PARFUM SPRAY 50ml


OBSESSIONとは「妄想、強迫観念」といった意味です。さしずめ意中の人のことが頭から離れないといった感じでしょうか。それともこの香りに夢中になるというイメージかもしれません。86年発売。87年のFIFI賞を受賞した秀作。未だ人気の衰えないロングセラーとなっております。

基調はスパイシー・ウッディ。人を選ぶかもしれませんが、ほぼ完成された香りです。トップでベルガモット、マンダリン、レモンなどの柑橘が香り立った後、ミドルでラベンダーやセージなどが直線的に香ります。ラストはサンダルウッド、アンバー、ムスクなどが、品のある甘さでダンディズムを沸き立たせます。調香ジャック・キャバリエ。

曲線で構成されたボトルには、大人の懐の深さや余裕を感じさせます。シンプルで飽きのこないデザインはピエール・ディナンによるもの。オリエンタル調が際立っているので、カジュアルよりもカッチリした服に似合いそう。OBSESSION with OBSESSION上等!

【2014/03/11 03:26 】
CATEGORY [ オブセッション ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
| HOME |

忍者ブログ [PR]