忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/14 14:56 】
CATEGORY [ ] 
pagetop ∴
CALVIN KLEIN MAN EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


2008年春夏のニューヨーク・コレクションで圧倒的な高評価を勝ち得た「CALVIN KLEIN」。特に才人フランシスコ・コスタによるレディス・コレクションは毎年毎年着実に評価を上げ、今年のハイ・ミニマルなアプローチで批評家たちを唸らせました。来年で40周年を迎えるこのブランドも、一時期の低迷からほぼ脱却しつつあります。

こちらは香水シーンにおけるトップ・ラインの一つ、cKフレグランス・ラインから、2007年に発売されたメンズ香水です。、大分昔のフゼア寄りではありますが、クラシカルなだけではなくどことなくモダンな繊細さを醸し出すようなフゼア・ウッディーの香調をベースにしており、ビジネス・シーンで幅広い年代の方にお使いいただけるような、精悍でスタイリッシュなアイテムに仕上げられております。

ローズマリー、マンダリン、ベルガモット、ヴァイオレット・リーフなどが、甘さを抑えたエッジのあるシトラス・ハーブを沸き立たせるトップから、 ナツメグ、ベイ(月桂樹)、スペア・ミント、インセンスなどが、クールなグリーン・スパイスにアロマティックなインセンスを溶け合わせた複雑なモダン・マスキュリンを浮かび上がらせるミドルへ。
ラストはサイプレス、ガイアック・ウッド、サンダルウッド、アンバー・ウッドなどが、ダイナミックで底深い優美を湛えるセンシュアル・ウッディーを漂わせ、包容力のあるロマンティックなメンズ・セダクションをアピールしてくれそうです。

調香は、同じくカルバン・クラインの「cK-BE」、キャロライナ・ヘレラの「212(メン、ウーマン)」、エリザベス・アーデンの「フィフス・アベニュー」など、数多くのヒット作を手がけている、フェルメニッヒのアン・ゴットリーヴ。製造のプロデュースはBENCKISERです。スーツ・スタイルに抜群にマッチする、ビジネス・シーンをハイ・ファッショナブルに演出する香りとなっております。

一見何の変哲も無いフゼアであるのに、実は奥深くモダンというところが通好みですね。ボトルやパッケージのデザインも、角ばったフォルムで屹立とした男のイメージを浮かび上がらせております。

PR
【2014/08/04 02:28 】
CATEGORY [ マン ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
| HOME |

忍者ブログ [PR]